お水の仕事にはどんなものがあるの?

お水の仕事を知りましょう

お水のお仕事ってどんなもの

お水のお仕事について想像したとき、どのような場面が思い浮かぶでしょうか。 そのときキャストの方は何をしていましたか。 来店しているお客さんはどんな様子だったでしょう。 このページではお水のお仕事で一番重要なことと、業界用語についてまとめています。

お水の仕事で重要なこと

「お水」という言葉があります。
もちろん、水を丁寧にした言い方、ではありません。
ホストやホステス、風俗嬢などを指して使う方です。
「水商売」から派生した言葉で、同じ意味を表すと思われがちですが、意味は多少違うようです。
「水商売」という言葉より、「お水」といった方がより限定的な商売形態を指すことになります。
まず、「水商売」の本来の意味は、「世間の人気や嗜好に大きく左右されるような業種のため、収入が不安定な職業やその業種に従事する人」のことです。
ですから、現代のほとんどの人がイメージするようなキャバクラ譲やホステスだけでなく、作家やクリエイター、芸能人、役者なども含まれます。
一方、「お水」といった場合「水商売」の職種のうち、接待飲食業だけを表すようです。
つまり、キャバクラ譲・風俗嬢・ホストなどです。
そのような意味で「お水」より「水商売」の方が多義的に使われることがあります。
1999年に放送された『お水の花道 女30ガケップチ』、2001年の『新・お水の花道』を覚えている方も多いのではないでしょうか。
『お水の花道』は六本木の高級クラブを舞台に描かれる、漫画原作の物語です。
語源に関しては諸説あります。
江戸時代の芸者・芸子が「泥水稼業」と呼ばれていたことから転じて水商売というようになった。
街路にあった「水茶屋」というお店にちなんでいる。
不安定な職業を指す言葉として、「水」という言葉を使うことで周流の不確定さをあらわしている。
この記事では「お水」の仕事についてまとめてみました。

高級クラブとキャバクラの違い

一般にはなじみのないことですが、高級クラブとキャバクラでは客層が全然違います。 そのため、お店としての体制も変わってきます。 高級クラブがどちらかというとクラブで接客するのに対して、キャバクラは嬢が接客します。 このページではクラブとキャバクラについてまとめています。

スナックとは、セクシーキャバクラとは

このページではスナックとセクシーキャバクラについて紹介します。 キャバクラとスナックでは実は営業形態が違うのです。 キャバクラが深夜に閉まるのに対して、スナックは明け方まで空いていることが多いです。 なぜ、キャバクラは明け方まで営業しないのでしょうか。