お水の仕事を知りましょう

>

お水のお仕事ってどんなもの

お水のお仕事とは

「お水」のお仕事は様々ですが、一番重要なのは「客を満足させること」です。
これはどのような仕事でも共通のことだと思います。
お水は「楽しい時間を提供する」ことによって客を満足させる必要があります。
例えば、自分が男性で取引先の男性社員を接待するためにキャバクラに行ったとします。
ですが、取引先の方とそうそう会話が弾むわけではありません。
むしろ、ほとんど会話ができず、そのうち仕事の話になってしまうでしょう。
このときに、仕事の話ではない「楽しい」会話を成立させるのがお水のお仕事です。
他にも女の子との会話を楽しみに来た客には、きちんと受け答えをすることが必要です。
そのため、容姿の良さだけでなく会話をまわす能力が重要なお仕事です。

業界用語

「水揚げ」=キャストと恋人関係になって水商売を辞めさせることを言います。
「みてこ」=身分証明書が提出できない子の略で、18歳未満の子のことです。
「太客」=たくさんお金を使うお客さんです。
「細客」=あまりお金を使わないお客さんのことです。
「黒文字」=つまようじのことです。つまようじという語感が、妻用事を連想させるため、高級なつまようじを指す黒文字が使われます。
「フリーバック」=指名帰りとも言います。指名せずに入ってきたお客さんを自分の固定客にすることが重要ですので、営業をかけて指名で来店してもらうことをフリーバックと言います。
「風紀」=キャバクラ譲とお店のスタッフの恋愛のことです。
「爆弾嬢」=あらゆる手練手管で他のキャストのお客さんを自分のお客にしてしまう嬢のことを言います。


この記事をシェアする