お水の仕事を知りましょう

>

高級クラブとキャバクラの違い

高級クラブ

『お水の花道』は六本木の高級クラブを舞台にした物語でした。
どのあたりから「高級」というかは微妙なところですが、お店側が「高級クラブ」と銘打っていれば高級クラブでしょう。
「正装でのみ入店できる」、「紹介がないと入店できない完全会員制」、「チャージ量だけで5万円以上」など、一般人には入りにくい印象です。
だからこそ、一般の方との鉢合わせを避けたい一流芸能人や企業経営者の方々が、出入りするのでしょう。
ホステスは自分の顧客を持っているか、そうでないかで大きく給与が違います。
高級クラブのレギュラーホステスは一度あるお客に担当して接客をすると、基本的にそのお客が来るたびにそのテーブルで接客することになります。
そして、高級クラブに出入りする財界・政界の話題に合わせられるように幅広い知識が必要です。

キャバクラ

高級クラブが蔵部全体として組織的に接客し、一度ついたお客を同じホストがずっと接待するのに対して、キャバクラは指名制です。
キャバクラでは指名料というものがあり、お客があるキャバクラ譲を指名して接客してもらうときに発生する料金です。
よくドラマなどで「指名入りました」と言っているのを聞きますよね。
ですので、いかにお客から指名されるように努力するか、また努力すれば他のホステスの客を自分の客にしてしまえるのです。
高級クラブでは前述の通り前のホステスが辞めない限りは、そのお客を自分の客にすることができません。
ですので、客を獲った盗られたのトラブルになることもあるようです。
水商売全体に言えることですが、キャバクラでもお客の話をうまく聞くために、幅広い知識が必要になります。


この記事をシェアする